セールスは悪なのか?

この記事は2分で読めます

こんにちは、MASAです。
 
 
ビジネスに取り組んでいく中で
必ずしなくてはいけないことがセールスです。
 
セールスをしないことには、
報酬(利益)は発生しないので当然ですね。
 
 
ではここで、突然ですが質問です。
 
 
あなたは、セールスをされたいですか?
 
 
 
・・・恐らく、NOと答えると思います(笑)
 
 
日本人の多くはセールスに強い抵抗感を持っていますので
仕方のないことかもしれません。
 
では、先ほどとは少し質問を変えてみましょう。
 
 
あなたが、ずっと探している限定モデルの時計があるとします。
どの店も売り切れの中、その時計を売っているお店の情報を知りたいですか?
(別に絶対に買う必要はありません)
 
 
この質問には、恐らくYESと答えるのではないでしょうか?
 
2回目にした質問も、実はセールスです。
 
 
 
そもそも、なぜセールスに抵抗感が生まれてしまうのか。
 
これは、ほとんどの場合、
セールスが間違ったかたちで行われているからです。
 
 
セールスとは売り込みではありません。
ただの「提案」です。
 
 
あなたがその商品をセールスしないと、
相手が損をしてしまう。
 
こんな情報があれば、相手が買うかどうかは別として、
絶対に教えてあげないといけませんよね?
 
そういったものを提案してあげるのが、
本来のセールスです。
 
 
にも関わらず、多くの人が
相手に商品を買ってもらいたくて商品を紹介します。
 
アフィリエイトを例に挙げるなら、
自分が報酬を得たいために、いろんな商品を紹介したりですね。
 
 
欲しくもない商品を売り込まれてもいい気はしません。
 
それどころか、悪いイメージすら抱くかもしれません。
 
 
しかし、相手のためを思った提案なら
感謝されることはあっても嫌がられることはないですよね。
 
間違ったセールスは悪ですが、
正しい方法でのセールスは悪ではないのです。
 
 
なぜなら、セールスをしないことで
相手が損をしてしまうから。
 
 
逆に、この商品を買った人は満足するだろうか・・・?
本当にこのサービスは相手にとって必要かな?
 
こういったことを考えるようなものなら
その商品はセールスするべきではありません。
 
セールスとは、断ると相手が損をするようなもの、
本当に必要なものを、ただ「提案」するだけ。
 
 
このことを忘れないようにして
ぜひ、自信を持ってセールスをするようにしてください。
 
 
ではでは。


今日の記事が参考になったら、クリックしてもらえると嬉しいです。





[メール講座]ネットビジネスの0から1を丁寧に
名前(苗字のみ)
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:MASA

自己紹介はこちら

アフィリエイトに出会い、3ヶ月で30万円を達成。

半年後には月収60万円を突破し、
その翌月に100万円突破。最高月収は223万円。

簡単なプロフィールはこちらで確認できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る