無料オファーを紹介する時に注意するべき「2つ」のこと。

この記事は3分で読めます

こんにちは、MASAです。

無料オファーは報酬獲得のハードルが低いですが、
紹介する時の注意点が2つあります。



1つ目が、報酬の最低支払額です。


ASPの規約では、
報酬の最低支払額が5000円のところが多いですが、
仮に1件300円の案件の場合、17件の成約が必要です。

その案件で、17件以上成約できればいいですが、
成約できなければ報酬は支払われませんので、媒体規模が小さいうちは、
ただリストを相手に渡すだけになってしまう危険があります。


ですから、安定して数十件成約できるようになるまでは、
安易に紹介はせずに、とにかく役立つ情報を発信して、
関係を構築することに専念した方がいいでしょう。


2つ目がいろいろ紹介しないこと。


安定して成約できるような媒体になってくると、
たくさんの案件を紹介することで報酬は増えるかもしれません。

でも、読者からすると、
「結局何がオススメなの?」という風になりますよね。


最終的には、報酬を欲しいだけだと思われて
あなたへの信頼がなくなってしまうことになりかねません。


ですから、下手に無料オファーを紹介するのは危険です。

少数精鋭で、これだと思ったものに一点集中しましょう。


さらに、無料だといって軽く考えずに、
紹介する時は中身を見て、
紹介する価値があると思ったものにしてください。


無料オファーの多くが、有料商品や高額塾のための
撒き餌になってしまっている印象を受けます。

いいところまで公開して、後は有料で。

そういった商品を紹介された人が
どう思うかを考えなくてはいけません。


また、いろいろと紹介しないという風にお伝えしましたが、
軸がブレていないことも重要です。


例えば、せどりの案件を紹介したと思ったら、
今度はFXの案件を紹介するというのは軸がブレているのでダメですが、

メルマガの案件を紹介して、ライティングの案件を紹介するのは
軸となる部分はブレていませんよね。

(もちろん、案件自体が役に立つことは大前提です。)


一番考えないといけないのは、紹介することで
相手が自分のことをどう思うかを想像することです。


自分が発信している情報のテーマに沿ったもの、
もしくは関連性のあるものだけを
紹介することをオススメします。


マインド系や、思考の部分というのも
ジャンル問わずに応用できるので、
こういったものはコンテンツが良ければ紹介してもいいでしょう。


先ほど、無料商品と有料商品の2つに分けましたが、
有料商品にも価格帯というものがあり、
低額教材は比較的成約のハードルが低いです。


この低額の有料教材も、無料オファーと同じように、
後から行われる、さらに高額な商品を販売するための、
見込み客を集めるために販売しているケースは多いです。


ただ、お金をもらう分、
コンテンツもある程度しっかりしていたり、
費用対効果が高いものもあるので、紹介しやすいでしょう。


最初は、無料オファーか、低額の教材を絞って紹介しつつ、
実績を作っていくという流れで進めていくのがオススメです。


そして、その情報発信を通して獲得した報酬を、
少し高めの教材に投資して、さらに実践していく。


結果が出たら、そのノウハウを読者に発信していって、
最終的には、自分と同じような流れで相手も稼がせていく。

自分が先に、1段階上にステップアップしたら、
今度は読者もその段階にステップアップさせていくという流れになります。



これの繰り返しです。

ちなみに、資金をかけないことを前提として書きましたので、
最初は無料オファーから始めて、
稼いだ報酬を投資する方法になりましたが、

やはり最初に投資した方が圧倒的に結果は出やすいです。


先ほどの例でも、低額教材までをすっ飛ばして
先に投資することで価格帯は少し高めでも、
優良教材を実践していけば結果が出るのは早いですよね。

必要なものには投資していくという感覚は
忘れないようにしてください。


なお、資金を集める方法は、無料オファーだけではありません。

不用品を売ったりして、資金を貯めることも出来ますし
自己アフィリでもいいでしょう。


例えば、不要品販売で利益を出して、
その利益で低額だけど評判の良い教材を購入する。

それを実践しながら実践記を書きつつ、
不要品販売のノウハウをレポート化し、
その2つを軸に据えて情報発信していく。

という風に進めていくこともできます。


不用品販売1つとっても、
実践結果から売れやすそうなジャンルを考察したり。
自分の視点を入れたりすれば、立派なコンテンツになりますよね。


結局、段階が違うだけで、
すべて、実践して情報発信という流れです。


自己アフィリも同様で、実践する舞台が
不要品販売か自己アフィリかの違いしかありません。


ちなみに、資金を作るという意味では、
不要品をオークションで販売するのが一番早いです。

なぜかというと、
自己アフィリエイトもアフィリエイトの一種なので、
発生した報酬が振り込まれるのは少し先になるからですね。


情報教材のASPで大手のインフォトップなら
支払日は翌々月の5日なので、仮に4月の報酬なら、
6月5日以降に振り込まれるということです。

その他のASPや、無料オファーでも
翌々月に振り込まれるケースが多く、
すぐに資金が増えるわけではありません。

その点、不要品販売は即金になるというのもメリットの1つです。


意外なものが高く売れるのが
オークションの世界ですので、
家に眠っているものを出品してみてはどうですか?


ではでは。


今日の記事が参考になったら、クリックしてもらえると嬉しいです。





[メール講座]ネットビジネスの0から1を丁寧に
名前(苗字のみ)
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 5
  2. acce

管理人:MASA

自己紹介はこちら

アフィリエイトに出会い、3ヶ月で30万円を達成。

半年後には月収60万円を突破し、
その翌月に100万円突破。最高月収は223万円。

簡単なプロフィールはこちらで確認できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る